2016年09月13日

Win10 Update

あるとき、Win10 Home 64bitで、Edgeが閉じなくなりました。最後のタブを閉じるか、Edgeを終了しようとしても、白画面となり、操作不能になります。最小化のみできますが、もう1つ開くこともできず、強制終了もできず、すなわちうっかりするともう使えない状態になりました。

Windows Updateから、アニバーサリーアップデートと思われるものを、超長時間かけて適用したところ、その問題は解決したのですが、画面の様子、特にスタートボタンの様子が変わったので驚きました。

で、わざわざここにメモするのは、便利に使用していた「付箋」アプリがなくなったこと! 画面にメモで貼っていた付箋がない。アプリ一覧(プログラム一覧)にも、付箋がないし、コルタナさんも付箋を知らないようで!! まあ、そこにしかない情報は書いていなかったので、特許侵害か何かの問題を起こしたのかな・・・と思いましたが、そうではありませんでした。

名称が Sticky Notesだかに変更になっていたのでした。そしてそれを起動してみると、付箋の位置やサイズは異なるものの、内容は再現されて、デスクトップに表示されました。内容をロストしなかったものの、どういう考えなのか、よくわかりません。

それになんだか起動までの時間が非常に遅くなっているような・・・。
posted by masa at 09:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック